■2009年10月29日(木)

メルトダウン用の原稿無事に入稿できました、これで一安心
ということでメルトダウン新刊(?)の案内をば



タイトル『号外地例の湯通信 壱』
■頁数12P(中綴じ本仕様)
■配布価格100円
*実際の表紙はグレースケールになってます


内容的には非想天則に関連した小ネタ漫画を何本か詰めた物になってます


とまあ大体こんな感じです
web拍手の方にて『地霊殿オンリーでオフセ本を作らないということは、委託無しでイベントのみの頒布ですか? 』
との質問を貰ったのですが答えとしては「YES」です
今回の本は11月3日の「地獄極楽メルトダウン」及び年末の「コミックマーケット77(無事受かってたら)」でのイベント限定頒布になります
理由は今回の本が『表紙グレスケの中綴じ本仕様』だからというのが大きいですね
殆どコピ本と言っても問題ない感じの本なので同人ショップに委託するほどのものではないかな、と
とりあえず流石にメルトだけだとあまりにも限定的かなとは思ったので
今回印刷した分からこれだけあればメルトは大丈夫かなって分をメルトに持っていって残りは冬コミまで印刷所さんの方で倉庫預かりしてもらうことにしました
「現地には行けないので委託されないと手に入れられない」という方には申し訳ないのですが今回はこういう方針で行く、ということでご了承下さい


あわせてもう一つ、多分11月中旬までにニコニコの方に現在製作中の新しい動画上げれると思います
例によって地霊殿キャラ達がメインの動画ですがいつものアニメーション系とはちょっと違ったノリの動画となってます


■2009年10月24日(土)



お…おぷてぃっぶらすっ
そして萃香は元鬼玉


■2009年10月22日(木)

日曜日辺りから風邪引いてダウンしてました漆です
熱があるときに寝よう寝ようと思って布団に潜っているものの中々寝付け無いのはある種拷問に等しいと思うわけです
ついでに嫌な夢を見て目覚めはゲンナリとかどういうことなの……

それは兎も角例大祭の申し込みしてきました
来年も今年に引き続き3月なんですねぇ…



例大祭用サークルカット
まださとり嬢をメインにカットを描いたことが無かった気がしたので今回はさとり嬢で


■2009年10月15日(木)

紅楼夢お疲れ様でした
当日うちのスペースまで足を運んでくださった方はありがとうございました
今回も特にトラブルなど無く無事にイベントが終わってほっとした所です
とりあえず今回の新刊の方はもう書店委託が始まってるみたいなので
当日現地に来れなかったけど興味あるという方は良ければそちらの方を、といった感じです

さて紅楼夢が終わって早々次は11月3日に地霊殿オンリーが待っているわけですが
この地霊殿オンリーではオフセットでの新刊は出さない予定です
じゃあどうするつもりかと言うと10P強の中綴じ本を作ろうと思ってます



ぬえ&KOISIちゃん
紅楼夢新刊でも書きましたがこの二人は気が合いそう


■2009年10月9日(金)

もう紅楼夢も間近ですね
とりあえず準備する物は準備したのであとは当日を待つばかりといった感じです
関西のイベントだと遠征とかしなくていいのでゆったりできるのが嬉しい所


ダッシュお燐ちゃん


■2009年10月6日(火)

紅楼夢新刊の入稿無事に終わりました
これで新刊が出せるよ!やったね妙ちゃん!!

というわけで紅楼夢配布物のページをこさえてみました
紅楼夢5情報ページ

新刊におまけでくっついてくるペーパーは多分星蓮船絡みの物になってくるのではないかと
(これから描く所なのは内緒の話!)
今年の例大祭の時に無料配布したペーパーを持ってらっしゃる方はそれと同じ仕様の物だと思っておいて下さいませ

ともあれこれで安心して紅楼夢を迎えられそうです
けどその前になんか台風が自分の住んでるところ(奈良)を直撃しそうな勢いなのですが!



他所様に寄稿したイラストのラフ
基本的にラフの段階ではかなりガシャガシャとペンタブを走らせてたりします

■2009年10月1日(木)



紅楼夢新刊からページラフを一枚
とりあえず今の調子で作業を進められれば無事〆切に間に合いそうな感じです
そんな事を言っている間に気付けば10月に入って紅楼夢まではあと10日
原稿モードに入ると異様に時が経つのを早く感じてしまう自分です

inserted by FC2 system